中国人民銀行(中央銀行)は16日から預金準備率を0.5ポイント引き下げると発表した。地方銀行に対しては10月以降、さらに1ポイントの引き下げを行う。これにより約9000億元(約13兆5300億円)が市場に供給される。米中摩擦が長期化する中で実体経済への支援強化を図る狙い。