中国国営の新華社は、中国商務省と科学技術省が8月28日、輸出制限の対象に人工知能(AI)や個人向けのデータ解析などを追加したと伝えた。中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)による動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」米事業の売却に影響を与える可能性がある。