中国飲食店評価や宅配アプリなどを手掛ける美団点評は22日、2020年第2四半期(4~6月)決算を発表した。売上高は前年同期比8.9%増の247億元(約3790億円)、純利益は2.5倍の22億元だった。1〜3月は新型コロナウイルスの影響で最終赤字だったが、コロナの流行が抑制され黒字転換した。