中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は8月20日、3人目の出産を認める法改正を可決した。すでに教育負担を抑えるため学習塾の非営利化など教育改革を並行して進めており、少子高齢化対策に本腰を入れる。中国国営の新華社が同日伝えた。