複数の台湾メディアは、中国企業による音声や動画コンテンツの提供するサービスが9月3日から台湾で正式に禁止されると伝えた。「愛奇芸(アイチーイー)」や騰訊控股(テンセント)のサービスが利用できなくなる。台湾当局が中国企業のサービス提供について政治や社会、文化面の敏感な問題を含み安全保障に影響を及ぼす可能性があると判断したという。