自動運転技術開発の小馬智行(ポニー・エーアイ)は米ニューヨーク証券取引所への上場計画を凍結した。同社は特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じて上場しようとしていた。中国当局はこのところ、中国企業の米国上場に慎重な姿勢を示している。小馬智行にはトヨタ自動車も出資している。財聯社など複数の中国メディアが8月12日伝えた。