中国の習近平国家主席は飲食の浪費をやめるよう「重要指示」を出した。国内経済には下押し圧力となる恐れもあるが、国際的な分断が深まる中で食の安全保障を確保する狙いもあるとみられる。