中国スマートフォン大手、小米科技(シャオミ)の雷軍・最高経営責任者(CEO)は8月10日、今後3年でスマートフォンのシェアで世界一となる目標を掲げた。米卯IDCによる今年4~6月の世界シェアトップは韓国サムスン電子で18.8%。シャオミは同16.9%で2位だった。澎湃新聞などが11日伝えた。