中国の複数メディアは、台湾積体電路製造(TSMC)が線幅5ナノメートルの先端半導体の生産を米クアルコムから受注したようだと伝えた。当初は韓国サムスン電子に生産を委託していたが開発に問題が生じたため振り替え、2021年下期に生産を始める予定という。