騰訊控股(テンセント)はスマートフォン向けゲーム「王者栄耀」について、12歳未満の子供の課金を禁止すると明らかにした。未成年者のプレー時間は平日1時間まで、休日は2時間までとする。中国国営新華社系の経済参考報が8月3日、同ゲームを名指しして「精神のアヘン」と批判していたことに対応した。第一財経など複数の中国メディアが8月4日伝えた。