財新伝媒は8月3日、7月の製造業購買担当者指数(PMI)は52.8だったと発表した。前月から1.6ポイント上昇し、2011年2月以降で最高となった。生産と新規受注が好調だったが、外需低迷を受けて新規輸出受注と雇用は低調だった。