中国当局は7月28日、データの管理を巡って中国アリババ集団や騰訊控股(テンセント)、百度(バイドゥ)など国内IT大手12社を呼んで指導したと発表した。国家安全の観点から9月1日に施行予定のデータ安全法を十分に理解し、履行に務めるよう求めた。澎湃新聞などが7月30日伝えた。