中国の複数メディアは中国配車サービス最大手の「滴滴出行」は7月30日、騰訊控股(テンセント)とインターネットセキュリティー共同実験室を設置すると報じた。乗客の安全性などを高める狙いがある。