中国の華為技術(ファーウェイ)は28日、福建省厦門(アモイ)市政府と協力枠組み協定を結んだ。新華社が報じた。サーバー向け半導体「鯤鵬」の開発拠点やスーパーコンピューターセンターを同市に設ける。