市場調査会社の北京貴士信息科技が24日に発表した中国の自動車シェアリングサービスの利用動向に関する調査で、上海鈞正網絡科技が手掛ける「ハローバイク」が上半期(1~6月)のシェアトップとなったことがわかった。同期間の月間アクティブユーザー(MAU)は6300万となり、北京摩拝科技(モバイク)や北京拝克洛克科技(ofo)を上回った。