上海証券取引所は22日、新興ハイテク企業向け株式市場「科創板」の取引を始めた。初日は上場第1弾の25銘柄の終値が平均で公開価格の2倍以上となった。