米コーヒーチェーン大手のスターバックスは7月21日、「アリペイ」や「タオバオ」といった中国アリババ集団系のアプリから事前に注文決済し、レジで並ばずに商品を受け取れるサービスを始めた。これまではスタバの自前アプリをインストールする必要があった。上記アプリは多くの中国人がインストール済みのため、スタバは販売機会をさらに広げることができる。