中国外務省の耿爽副報道局長は19日、アニメ制作会社「京都アニメーション」での放火事件を巡り、犠牲者に哀悼の意を示した。「多くの人が死傷したことに心を痛めている。負傷者の一日も早い回復を祈る」と述べた。