2020年1月に実施される台湾の次期総統選候補について最大野党・国民党は15日、高雄市長の韓国瑜氏を選出した。与党・民主進歩党(民進党)の蔡英文総統と対決することになる。国民党の予備選挙で敗北した鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)前董事長が独自出馬するとの観測もある。