中国国家統計局は15日、第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP)が実質ベースで前年同期比6.2%増加したと発表した。成長率は前四半期(1~3月)から0.2ポイント縮小し、四半期ベースの統計が確認できる1992年以降で最低となった。