新京報は7月9日、中国レノボ・グループが10億ドル(約1060億円)規模の投資ファンドを設立すると伝えた。ベンチャー企業へ投資を通じて都市や農業など戦略6分野のスマート化を促進する。