複数の中国メディアは、中国新興電気自動車(EV)メーカーの拜騰(バイトン)が経営難に陥り、7月1日から6カ月間に渡って国内の従業員を待機させると伝えた。新型コロナウイルスの流行や補助金縮小の影響を受けたという。