澎湃新聞などは中国配車サービス最大手の滴滴出行が6月27日、上海市嘉定区で「レベル4」のロボタクシーの試験サービスを始めたと伝えた。滴滴のアプリで事前申請が必要となる。嘉定区は上海市の中でも、行政として自動車産業の振興を進めている地区として知られる。