香港紙、蘋果日報(リンゴ日報)は6月24日の朝刊発行を最後に停刊した。中国政府は中国共産党創建100年記念日である7月1日を前に、香港国家安全維持法(国安法)に基づいて幹部を逮捕したり同社資産を凍結したりしていた。一国二制度という国際公約に基づた香港の言論の自由が大きく後退したことが、改めて鮮明になった。