澎湃新聞などは中国政府が6月22日、カラオケやネットカフェなどの客の滞在時間を2時間までに制限するガイドラインを定めたと伝えた。入店人数は定員の50%以下にすることなども求めている。