中国交通新聞は6月22日、北京市にいる10万3000人の配達員全員がPCR検査を実施していると伝えた。現在、北京市では新型コロナウイルスの第2波の流行が発生している。6月18日に中国のセールがあったため、商品配達の件数が増加することに備えた措置。