上海証券報は6月18日、中国国有の紫光集団系の紫光展鋭(UNISOC)が年内に第二世代の5G半導体チップを量産すると伝えた。来年初めには同チップを搭載した消費者向けスマートフォンが発売される見通しという。