10日付重慶日報などは、半導体やオペレーティングシステム、マザーボードなどを全て中国産としたパソコンの量産を重慶市で始めたと伝えた。国有企業の中国航天科工集団第2研究院706所が開発した。