中国配車サービス大手の滴滴出行が香港での新規株式公開(IPO)を断念したようだと中国の複数メディアが6月8日伝えた。香港市場での評価額が米国上場時に比べて低くなる見込みとなったことなどから、米市場でのIPOに一本化して年内上場を目指すという。