中国の華為技術(ファーウェイ)は6月2日、独自基本ソフト(OS)の最新版「鴻蒙(ハーモニー)2」を発表した。併せてスマートフォンやスマートウオッチなどの新製品も披露した。独自OSはスマホやタブレットだけではなく、テレビ、家電、車載機器など幅広い機器に対応しているのが特徴で、機種を超えたスムーズな連携をアピールした。ハード面やソフト面でパートナー企業を拡充し、年内に3億台以上への搭載を目指す。