中国アリババ集団が22日発表した2020年1-3月期業績は、前年同期比22%増の1143億1400万元(約1兆7300億円)だった。新型コロナウイルスの流行による巣ごもり消費の需要を取り込んだが、物流やクラウド分野での投資がかさみ純利益は88%減の31億元となった。