台湾通信最大手の中華電信は22日、今後発表される華為技術(ファーウェイ)製品の販売を見合わせると明らかにした。米国政府によるファーウェイへの禁輸措置発表で、米グーグルがファーウェイへの主なソフトウエアの提供を停止すると報じられたことを受けた措置。台湾の複数メディアが23日に報じた。