23日付河北日報によると中国移動通信集団と中国交通建設、国家電網は22日、河北省保定市にある開発地域の雄安新区において次世代通信規格「5G」に対応した交通網、情報網、送電網を融合させたスマート交通道路のモデル事業を進めることで基本合意した。