ロイター通信は21日、中国の検索大手の百度(バイドゥ)が米株式市場ナスダックの上場廃止を検討していると報じた。米中対立の中で企業価値が過小評価されているとして、中国に近い市場に上場先を変更したい意向という。