新京報などは中国電池メーカーの蜂巣能源科技が18日、コバルト不使用の電気自動車(EV)用リチウムイオン電池を開発したと発表した。レアメタルであるコバルトの価格が高騰しており、開発競争が加速している。