澎湃新聞は、中国ネット検索大手の百度(バイドゥ)が24日、中国疾病予防コントロールセンター(CDC)と新型コロナウイルスのワクチン開発で提携したと伝えた。専用施設を作り、百度の人工知能やビッグデータを使ってウイルスの遺伝子解析などを進める。