寧夏宝豊能源集団は4月20日、本社のある寧夏回族自治区銀川市で太陽光発電で水を電気分解し水素を生産するプロジェクトを始めた。中国証券報などが伝えた。