米金融大手シティグループは4月15日、中国、韓国、オーストラリアなど13の市場の消費者向け(リテール)銀行サービスから撤退すると発表した。富裕層向け事業や法人向け業務などに経営資源を集中する。