中国工業情報省(工情省)は9日、中国の新エネルギー車(NEV)生産・輸入実績を元に、今年から正式実施となる「クレジット制度」に照らした各社の獲得ポイントを公表した。獲得ポイント数トップは比亜迪(BYD)で同グループの比亜迪汽車工業が2位。3~10位は民族系のメーカーが占め、外資のNEV対応遅れが鮮明になった。