サウスチャイナ・モーニングポストは8日、航空機リースを手掛ける中国飛機租賃集団が米ボーイングの航空機「737MAX」100機の購入契約を凍結したと報じた。同型機の墜落事故が相次いだため、安全性が確認されるまで購入を見送る。