ロイター通信は7日、会計不正が発覚した中国カフェチェーン大手の瑞幸咖啡(ラッキンコーヒー)が債務不履行に陥り、融資の担保となっていた自社株を債権者に差し入れたと報じた。米ゴールドマン・サックスなどから借り入れていた合計5億1800万ドル(約560億円)の融資が債務不履行となった。