中国の半導体受託製造大手の中芯国際集成電路製造(SMIC)が4月1日から受託製造料を引き上げたようだと界面新聞などが伝えた。値上げ幅は15~30%。世界的に半導体が供給不足に陥っていることが背景にある。