2日付の澎湃新聞によると、中国移動通信大手の中国移動と上海市第十人民医院は1日、次世代通信規格「5G」に関して戦略提携した。遅延の少ない5G回線を使った遠隔での超音波検査や診療相談、ロボット手術などを目指す。