中国国家統計局と中国物流購買連合会は3月31日、景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が3月は50.5だったと発表した。景況判断の節目となる50を超えたのは4カ月ぶり。国家統計局は春節休暇が明けて生産活動が正常化した影響が大きかったと指摘している。