中国の上海市政府は22日夜、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、入国者に14日間の隔離措置を義務付ける対象の24カ国から日本を除外すると発表した。23日午前0時から実施する。在上海日本国総領事館は、上海市は渡航者全てに感染検査を実施しており最大30時間の半屋外での待機を強いられるケースも出ているとして、渡航の緊急性の再検討や防寒や飲料・食料などの事前準備を呼びかけている。