3月19日付け中国新聞社電などは、中国財政省が今月初めに地方政府が事業目的別に発行するレベニュー債について、1兆7700億元(約29兆6000億円)の起債枠を前倒しで割り振ったと伝えた。景気の下支え効果を狙ったとみられる。