資源・化学メーカーの山西美錦能源集団は20日、子会社の仏山市飛馳汽車製造が同市の路線バス会社に水素燃料電池を搭載したバスを190台納入したと発表した。仏山市は水素電池車の普及に力を入れている。