中国華為技術(ファーウェイ)が自主開発した基本ソフト(OS)「鴻蒙(ハーモニー)」を搭載するスマートフォン新製品の発表が遅れる可能性があると、中国の複数メディアが3月17日に伝えた。新製品は「P50」で、当初は4月予定だった発表時期が5月にずれ込む可能性があるという。