中国アリババ集団が騰訊控股(テンセント)のSNS(交流サイト)「微信(ウィーチャット)」上でEC(電子商取引)サイトを開設するようだと、複数の中国メディアが3月19日伝えた。アリババの提供するアプリ「淘宝特価版」がウィーチャットのミニプログラムとして提供されるという。両社はライバル関係にあり互いのサービスを連携させることを嫌ってきた経緯がある。ここにきて中国当局は独占禁止法関連の規制適用を厳格化しはじめているため、実現する可能性は高まっている。