北京市政府は16日から海外からの渡航者に対して一律で指定施設での14日間の隔離措置を適用すると発表した。自宅隔離は基礎疾患がある高齢者などを除き認めない。施設での隔離にかかる費用は、渡航者に負担させる。